健康

脱・メタボ! 主食を工夫して、食物繊維を積極的に摂ろう!

コレステロールの約3割は食事から、残りの約7割は、炭水化物やたんぱく質などを原料として、体内で作られるといいます。

コレステロールが気になる方は、毎日の食事でコレステロールの多い食品に注意することはもちろん、腹八分目を心がけること、そして食物繊維を十分に摂ることが大切です。

主食に着目してみていきましょう。(参考:女子栄養大学出版部『コレステロール・食物繊維早わかり』)

◇ご飯
ご飯一膳分のエネルギーは約240kcalです。
食物繊維を比べてみると・・・

精白米・・・0.4g
胚芽米・・・1.2g
玄 米・・・2.0g
赤 飯・・・2.6g

栄養面では、胚芽米や玄米がお勧めですが、白米でも、海苔や納豆を加えることで、食物繊維を補うことができます。*海苔1枚(3g)には1.1g、納豆1パック(50g)には1.4gの食物繊維が含まれます。

また、おみそ汁の具に、エノキやシメジといった食物繊維の豊富なキノコ類を活用するのもいいでしょう。

◇パン
食パン2枚分のエネルギーは316kcal、食物繊維は2.8gです。ライ麦パンなら食物繊維は2倍以上含まれます。

朝食がパンの場合、ついコーヒーとサラダとなりがちですが、ミネストローネのような野菜たっぷりのスープを加えると、おみそ汁の替わりになります。

◇麺類
蕎麦はうどんの2倍以上の食物繊維が含まれます。もり蕎麦一人分で、エネルギーは238kcal、食物繊維は3.6gです。
おろし蕎麦や山かけ蕎麦にすれば、さらに多くの食物繊維を摂ることができます。

毎回の食事に欠かせない主食を工夫して、積極的に食物繊維を摂取したいですね。

                            嵯 峨 野 倶 楽 部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱・メタボ! コレステロールと上手につきあうには

 4月からメタボに着目した特定健診が始まります!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

糖尿病、心疾患などの生活習慣病を引き起こす要因として、今、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」という概念が注目されているのは、皆さまもご存知のことでしょう。

メタボリックシンドローム(以下、メタボ)とは、内臓脂肪型の肥満(へそ周りが、男性85センチ以上、女性90センチ以上)の人が、高血糖、高血糖、脂質異常のいずれかをあわせもっている状態をいいます。

メタボの人は、生活習慣病の予備軍と考えられるため、厚生労働省は、この4月から保険者すべてに特定健診を義務づけ、メタボの予防と改善を推進することになりました。

4月から始まる特定健診(特定健康診査)と、従来の基本健康診査との大きな違いは、いわゆる悪玉コレステロールといわれ、動脈硬化などの危険因子とされる「LDL-コレステロール」値が加わったことです。

     善玉、悪玉ってなに?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コレステロール自体は脂質の一種で、そのままでは血液中にとけ込むことはなく、タンパク質と結びついて、リポタンパクという形で体内に存在します。

コレステロールと結びつくタンパク質の働きの違いによって、善玉、悪玉といった区別が生じます。

悪玉とされる「LDL-コレステロール」も身体にとって不可欠なもので、肝臓から身体の組織に栄養としてのコレステロールを運ぶ役割をもっています。

善玉コレステロールといわれる「HDL-コレステロール」は、余分なコレステロールを回収し、肝臓に戻す役割をもっています。

つまり、「LDL-コレステロール」と「HDL-コレステロール」のバランスが重要で、「LDL-コレステロール」が多く、逆に「HDL-コレステロール」が少ないと、血液中にコレステロールが蓄積され、動脈硬化などを引き起こすとされるのです。

※ 今回の特定検診自体は良い事だと思いますが、メタボリックの基準と、どこかで診療報酬が増え財政の悪化を国民に向けようとした厚生労働省の作戦が見え隠れしている様で気になります、自分たちの過去の失敗続きを話題を変えることで交わそうとしているように見えて仕方ありません私だけの歪んだ考えでしょうか!厚生労働省の職員のメタボの実態を先ず発表してもらいたいですね。

  

※メタボに関しては、厚生労働省のホームページにわかりやすく解説したページがありますので、ぜひ、チェックしてみてください。
  
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/index.html

             嵯峨野ショッピング倶楽部

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お 礼 と 近 況 報 告

今日は寒い一日ですね、静岡は一日中雨です、お昼のニュースで関東の雪の様子が映し出されていましたが、寒いのは苦手な私としては、静岡の暖かいのが救いです。

「textm02_04_c2.gif」をダウンロード

2月4日の誕生花:プリムラ・ポリアンサ  花言葉:ひたむきな愛

別名をセイヨウサクラソウと呼ばれています。赤、黄、紫、青など春色が花壇や鉢植えを彩り、心をなごませてくれます。

今日も一日ホームページの更新に掛かっていましたが、最近体調が良く、集中力が増して、捗っています、私が考えていたより早く出来そうなので安心しています。

今日は健康関連のページを整理していましたが、つい3点ほど注文しました、良い商品がたくさん出来ていますね。

なんか健康オタクになったようです、昨年ダイエットをしたせいでしょうか?リバンドだけは嫌ですから。

寒い=暖房=乾燥=肌荒れや風引き・・冬はこんな構図が出来ますので皆さんも、換気と適度な湿気を取り入れてくださいね。

情報起業(バトルロワイヤル)の情報を提供したところ、多くの方が申し込まれたようですので、ここでお礼を申し上げさせていただきます、しっかりと内容を把握して全員の方が1000万プレーヤーになって頂いて喜んでいただければと思っています。

              嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から始めよう花粉症対策

Textm01_26_c2 1月26日の誕生花:ピグミーランタン  花言葉:印象

オーストラリア原産の常緑低木。ミカン科の植物で、花と葉に柑橘系の香りがあります。香料の原料にもなっています。

花粉によるトラブルは、アレルギー反応で、花粉に対する体の防御反応です。

花粉が眼や鼻の粘膜から体内に侵入すると、花粉の情報がリンパ球に伝わり、花粉と闘うための抗体をつくります。

抗体は肥満細胞(アレルギー症状を起こすヒスタミンを持っている細胞)と結びつき肥満細胞からヒスタミンなどを出し、ヒスタミンが神経を刺激して、炎症を起こします。

花粉のトラブルは体質に左右されますが、突然花粉に反応する体質に変化する事があります。
疲れやストレスがアレルギー反応のきっかけになったり、症状を悪くする事が有ります。

花粉症などのアレルギーは、自律神経のバランスが崩れたときに起きやすく、疲れやストレスも原因の一因になります、規則正しい生活やリラックスして疲れやストレスを溜めないようにしましょう。

風邪などひくと、咽喉や鼻の粘膜に炎症が起きて、花粉症の症状を悪くします、運動をして、体力をつけて花粉のトラブルに負けない身体を日常からつくる努力も必要です。

花粉症が多くなったのと、食生活が変わってきたのと平行しています。

野菜や魚の中心とした食生活から、肉やバター・マーガリンなど脂質の摂取量が大幅に増加しています。

マーガリンや植物油に含まれるリノール酸などの脂肪酸は長い期間取り続けるとアレルギーの炎症を起こしやすくすると言われています。

この脂肪酸の働きを抑える働きをするのがEPAやDHAなどの脂肪酸です、青魚(イワシ・サバなど)に含まれています。

極力食生活に魚を取り入れてバランスのよい摂取をして下さい。

赤や緑などの野菜は、紫外線によって発生する活性酸素から身を守り、細胞の酸化を防ぐ力に優れていると言われています。

又、緑黄色野菜に含まれているカロテノイドは、抗酸化力により炎症を抑えると言われています。
ポリフェノールやフラボノイド、お茶に含まれているカテキンが花粉対策によいといわれています。

花粉対策で大切な事は、花粉に触れない事です、部屋の換気は花粉の飛散量の少ない時間帯が良いと思います、朝は湿気もあり花粉が空中を舞うことも少ないはずです。

掃除ですが、掃除機を使うと床に落ちている花粉を舞い上げますので、出来るだけ雑巾がけをしましょう。

外出から帰った時は、家に入る前に花粉を払い落とすか、粘着ローラーなどで取り除いてから入りましょう。

勿論、外出する時は、花粉対策グッズをお忘れなく。

花粉は今、飛び始めたのではありません、スギ花粉などは昔からありました、でも、今のように花粉症の方が多くなったのは、食生活にも大きな起因があると思います、当然、車の排気や色々と原因はあるでしょうが、まず、あなたがすぐに取り組める事から始めてください、少しでも症状が和らぐように。

33種類の和漢植物と果物野菜が毎日のリズムを整えるサプリメント!

              嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知っていましたか!30才から衰える肝臓の働き

疲れやすい、食欲が無い・・・肝臓からの危険信号に気付いていますか?

肝臓の大きさは大人の男性で約1.2kg 女性で約1kgと身体の中で一番大きな臓器です。

肝臓は30才前後を境にその機能は衰えていきます。

「お酒を飲みすぎると肝臓が悪くなる」「飲みすぎで肝臓がお疲れ」て良く聞きますが、肝臓はアルコールの分解だけではありません。

肝臓の仕事は

(1)食物中の栄養素の代謝
(2)有害な物質を解毒・排出する作用
(3)消化液の生成
(4)栄養分の蓄え

重要なのは代謝作用で、脂肪・糖質・たんぱく質などを、分解合成してエネルギー源を作ります。

ご飯・パンや麺類の炭水化物は胃で消化されて、腸でブドウ糖に分解されて肝臓に運ばれます、肝臓でブドウ糖を分解してグリコーゲンや脂肪・たんぱく質の素に変えて行き全身に運ばれます。

肉や魚などのたんぱく質は腸でアミノ酸に分解され、肝臓で身体に必要なたんぱく質になります。

肝臓は強い再生力があり、自覚症状がなかなか現れません、はっきりした原因が無いのに身体の調子が悪い時は、検査を受けてみる価値があります、脂肪肝、ウイルス性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどを引き起こしかねません。

転ばぬ先の杖、検査をする事が大切です。

日頃から、抗酸化物質をとることをお勧めします。

::::::::::::::::::::::::::::::::

Textm01_16_c2
1月16日の誕生花はオキザリス

花言葉は:ひたむきな愛

葉が四葉のクローバーに似ているので、英語で「グッドラックリーフ」と呼ばれることもあります。

                  嵯 峨 野 倶 楽 部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体の芯から温まる生活習慣

おはようございます、昨日の続きを書きとめます。

1.食生活・・栄養のバランスの良い食事を取る事は勿論ですが、血のめぐりを良くしたり、胃腸を元気にする、身体を温める食べ物を意識して食べる事がおすすめです。
冷たい食べ物や、夏野菜は控えましょう。薬味やスパイスに使われる、生姜やにんにく・唐辛子は身体を温めてくれます。

今朝は、部屋の大掃除をするため、窓を全開にする予定でしたので、朝から辛口のカレーを食べました身体が温まって、寒さを感じませんでした。
人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜にはビタミン・ミネラルが豊富です、ビタミンEは血行を良くしてくれますし、ビタミンCは鉄分の吸収を助ける働きがあるといわれています。

2.朝食は、大切です、消化の良い、温かいものを取り入れましょう、スープや味噌汁・おかゆなど私の場合は、ダイエットのかね合わせもあって、生姜をすって入れた温かい雑炊を頂いています。
朝から、冷たい身体を冷やすものは冷えをため込む体質になります。

只、起きぬけの1杯の水は快便のために、続けてください、飲む時に、口の中で噛むようにして
体温に近くして飲んでください。

3.入浴によって冷えの体質を変えましょう。

38~40度のぬるめのお風呂にじっくりつかり、ゆったりとリラックスをし、汗をかきましょう。
次に、熱い湯と冷たい水の交互浴・・熱めのシャワーを足に1分ぐらいかけ、次に水のシャワーを30秒ぐらいかけ、2,3回繰り返してください、毛細血管の刺激になります。
ちなみに、私は、お風呂から出る前に、下半身と両腕に水のシャワーをかけて出ます。
血液の流れが良くなり、お布団の中でもポカポカと温かく、ぐっすりと眠れます。

身体を温めるために、生姜湯を冬は良く飲みます。

良い睡眠を摂る為に、寝る1時間前ぐらいに、温かい牛乳を1杯頂いています、詳しくは書けませんが、牛乳の成分の中に気持ちを落ち着かす成分が入っているとの事でした。

冷えの身体を直して、寒い冬を乗り切っていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さは、着るのでなく、身体の芯から暖めよう。

おはようございます、クリスマスの準備や予定は決まりましたか、私は、のんびり自宅で過ごします。

前回、冷え性について情報を書きましたが、寒いこの時期、辛い人は少なくありません。

厚着をして、身体の動きを、鈍くして、暖房を離せないあなた!余計に寒さが身に応える身体になりますよ。

身体は、内臓の機能を維持するために、自律神経によって、36~37度を保つようにされています。

てあしやの温度が下がり、冷たくなりますが、健康な人は、自律神経が働き、温度を上げるため、血のめぐりを良くしようとします。自律神経が上手く働かなかったり、血液の循環が悪かったりすると、冷えは治まりません。

身体が冷えることでの不調は、血の循環が悪くなり、頭痛や肩こり、生理不順や不妊症など、かかわりがあるようです。

肌にも栄養が行き届かず、乾燥とともに肌荒れやくすみの原因にもなります。

自律神経・血液の循環・体のリズムに気をつけましょう。

明日は、身体の温まる食生活についてお話します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えのない身体を作る~冷え性の影響~

今晩は、寒くなりましたね。

女性の専売特許のようにも言われてきた冷え性ですが、最近は男性にも増えているそうです。冷え性の原因は何なのか、そしてどんな影響があるのでしょうか? 

今回はそんな基礎知識について調べてみました。

冷え性は冷えやすい体質のこと。特に腰から下に冷えを感じることが多いようです。

自分で感じるばかりでなく、実際、手足のような身体の末端部分が氷のように冷たくなっている人も少なくありません。

体温調節が上手く行えないため、身体が冷えてしまう結果ですが、その原因はさまざま。

良くあげられるのは貧血や血行不良、体温調節を司る自律神経の乱れなどです。

ホルモンの影響などもあり、もともと女性の方が冷えの症状が出やすいのですが、最近は男性にも冷え性が増えているとか。

これはストレスによる自律神経の乱れや、運動不足などにより身体の能力が衰え、ポカポカするだけの熱量を生産できないことが原因だそうです。

冷え性チェック!

血圧が低い
□目の下にクマがある
□疲れやすい
□よく眠れない
□朝の寝覚めが悪い
□ときどき偏頭痛が出る
□あまり食欲がない
□肩こりがひどい
□便秘や下痢の症状がある
□イライラしやすい
□集中力に欠ける

チェック項目で当てはまるものはありましたか?生活習慣が乱れ、ストレスの多い現代人は皆、冷え症の危機にさらされていると言っても過言ではありません。

              嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細胞の老化抑制に期待があります。

おはようございます、今日も静岡は快晴です、日本海側や北の方は雪で大変でしょうが、頑張ってください。

赤血球を作る際には重要なビタミンの1つ葉酸について。

細胞の老化抑制因子として期待されるS-アデノシルメチオニンという物質を体内で作るために必要なビタミンです。

そのほかにも重要な働きをしていますが、先進国の女性の50%は葉酸不足という報告が。ぜひ意識してとりましょう。

働きは。

炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンの代謝に関わっています。

赤血球を作り出すときに重要な働きをしてくれます。

細胞の新陳代謝を促してくれます。

がん細胞の発生を抑えてくれます。

ビタミンB6、B12とともに動脈硬化の原因となるホモシステインを減らしてくれます。

◎  不足するとなりやすい症状

歯ぐきの出血、舌が灰色になる、顔色が悪い、慢性的な腹痛、便秘、下痢、体重減少、貧血、うつ状態、早産、慢性肝炎

◎  取りすぎるとなりやすい症状

1日3000μg以上を長期間とると、吐き気、おなかの膨満感、腎結石があらわれることがあります。

◎  目的によって奨励される量

●うつ病・・・400-800mcg●葉酸欠乏性貧血・・・800-2000mcg●子宮筋腫・・・800-5000mcg

◎  使用上の注意

尿が黄色くなる、下痢、発熱、皮膚の発疹が現われることが稀にある。
てんかんの治療薬を処方されている人。   がんの化学療法

                 嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の噛みあわせが悪いと身体にどんな影響が?

今日は、歯が与える健康障害についての情報です。

物を「噛む」ことは人が健康的に生きていくために欠かせない行為です。しっかりと噛まないことが欲求不満や精神的なイライラに繋がることも。

そもそも、「噛み合わせが悪い」と、どうして体全体に影響を与えてしまうのでしょうか?

実は、人間の体はよくできたもので、何か問題が起きると、フォローしようとする調整能力を持っているんですって。

たとえば、「噛み合わせが悪い」と、無意識のうちにアゴをずらして噛むようになり、やがては首の筋肉のバランスに狂いが生じてきてしまうのだそうです。

その結果、首の筋肉が無理な緊張を強いられ、首や肩がこるという症状が現れてしまうというわけなんですね。

また、この状態が続くと、首の骨が歪み、頭の位置がずれ、重たい頭が傾くと、それを支える背骨が曲がっていく…とこのように、ちょっとした噛み合わせの狂いが、全身に影響を与えてしまうんです。

噛み合わせが悪くなってしまう原因は、実は、身近なところにあるんですよ。

たとえば、食生活。

柔らかい物ばかり食べているとアゴが発達しないので、狭いアゴの中で歯がひしめきあう状態になってしまい、一部の歯が収まりきれずに飛び出し、歯並び、そして噛み合わせが悪くなってしまうんですって。

そして、現代社会における「ストレス」も、噛み合わせを悪くさせる原因の1つとされています。

ストレスを感じると、人間は自然に歯をくいしばったり、歯ぎしりをしたりするので、これが歯の成長を妨げたり、正常な噛み合わせを変化させたりしてしまうというわけなんです。

普段から、アゴに痛みを感じない程度の硬い物を食べたり、心に溜まったストレスをうまく開放したりするよう心がけたいですね。

また、ついついやってしまいがちな頬杖をついたり、うつ伏せに寝たり、片方の歯ばかりで噛んだりというような習慣も、噛み合せに悪影響を及ぼすそうなので注意してくださいね。

歯並びは「健康のバロメーター」とも言われていますが、歯並びが良いと、歯に汚れが付きにくく、また汚れても簡単に歯ブラシで取ることができるため、虫歯や歯周病につながりにくいそうです。

食後の歯磨きはもちろん、歯に負担のかかる習慣をもう一度見つめなおして健康的に過ごしていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)