ダイエット

冬太りを解消する方法

Textm01_25_c2 1月25日の誕生花はチューリップ(黄色)です。

花言葉は:正直

チューリップは16世紀ごろ、トルコからオランダに広まりました。その頃のオランダの庭園は、ハーブと果樹が主流だったため、チューリップは大きな影響を与えたといわれています。

気温が低い冬は、体温を保つために熱産性が盛んになり、消費するエネルギーも多いはず。

ということは、「冬はやせやすいのでは?」と思われがちですが、しかし、私自身が過去を振り返ってみると、年間を通じて一番太っているなと実感するのが、やっぱり冬。どうして冬は、エネルギー消費が多いはずなのに太りやすいのでしょうか?

昨年1年を掛けて16kgの減量をした、私としては気がかりな季節なのですが今年は、現状を維持するために、お昼はダイエット食にしています。

といっても、雑炊ばかりでは、飽きますのでダイエットクッキーを食べています、これがおやつ代わりも兼ねて重宝しています。

せっかく1年も掛けて減量をしたのですから、リバンドなど絶対に出来ません、結構決意は固いほうですから、お昼にダイエットクッキーを食べるようになってから、3時ごろに何か食べたいなと何時もは感じていたのですがお昼にお菓子のようなクッキーを食べているので、脳がおやつを欲しがらなくなりました、これは大きな進歩です。

それと関係が有るか、どうか解りませんが最近タバコを吸う本数が以前の半分になりなりました、これも減量でストレスが減ったせいでしょうか?

ダイエットクッキーの詳細を知りたい方はこちらをクリックしてください。

冬に太ってしまう、3大要因とは?

(1)寒い時は、自然と外出するのが嫌になってしまいがち、これが、大きな原因のひとつになっています。

気づかないうちに外出が少なくなり、さらには日頃の運動不足も重なってしまう。

体温調節で消費するエネルギー以上に、いつもよりエネルギーを消費しにくい生活をしています。

(2)また冬は、忘年会から新年会、パーティや飲み会などのイベントごとが多く、ついつい飲み過ぎたり食べ過ぎてしまうことが多く、暴飲暴食も多くなっているはず。

(3)寒さから身を守るために、体も自然と脂肪を蓄えようとしています。

気温が低いと、体温も下がってしまいます、その体温を維持するためのエネルギー源になるのが脂肪です。

寒さから体を守るために、体は自然と脂肪を蓄積しますが、実生活の場所は、暖房が完備され防寒対策も十分にある環境なのでせっかく蓄えられた脂肪は無駄になってしまいます。

これら3つのことが要因となり、“冬は太りやすい”という結論に達したようです。

体をあたためる食生活で、冬太りを撃退!

冬太りを防ぐ食事として、まず最初に気をつけるのが、暴飲暴食をしないこと。

そして、普段の食事に体をあたためる食材を摂り入れることで、脂肪の代謝を高めることができます。

以下のような食材たちが、体をあたためる代表食材としてあげられます。

◎ 体をあたためる野菜
  カボチャ、ニラ、ニンニク、ショウガ、ニンジン、玉ネギなど

◎ 体をあたためる肉・魚
  羊肉、鶏肉、鶏レバー、カツオ、マグロ、サバ、エビなど

◎ 体をあたためるその他の食材
  大豆、納豆、梅干、とうがらし、チーズなど

基本的に、冬が旬の食材や根菜類のほとんどが体をあたためる食材になります。

夏には夏の食材、冬には冬の食材…と旬のものを食べることが、体をあたためたり冷やしたりその時期に必要な効果をもたらしてくれるんですねまた今の季節に多い、鍋や煮込み料理もいいですね、いつもの料理にとうがらしやショウガ、ニンニクなどをプラスして、身体の温まる料理を作ってみるのも良いでしょう。

体をあたためるには、適度な睡眠も必要体をあたためるには、睡眠も重要です。

睡眠不足や夜更かしなどによって体内のリズムが乱れてしまうと、自律神経のバランスも崩れてしまいます。

自律神経は、食欲や女性ホルモンの分泌など、生命維持に必要な様々な指令を出す神経中枢ですが、体温を調節する役割もあります。

つまり、睡眠不足→自律神経のバランスが崩れる→体温調節機能がうまくいかなくなることで、血流の流れが悪くなり、体が冷えてしまうという結果を招いてしまうのです。

睡眠をきちんととることが、体をあたため、冬太りも防ぐ。

日常の当たり前のことを積み重ねることが、冬太り対策には重要ですね。

これからの季節、花粉症で悩まされる方も多いと思います、花粉症などのアレルギーは自律神経のバランスが崩れた時に起きやすいものです、睡眠・食生活にも気を配りましょう。

まんざら、冬太りとも関係が無いとは言い切れませんね。

明日は、今から始める花粉症対策について書いてみます。

          嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは間違いだらけのダイエットをしていませんか。

「ダイエット」とは、1時的に減量する事を意味しているわけではありません。
本来の意味は「生き方や」「摂生」と言う意味で、豊かに時を過ごすための食事や生活を上手くマネージメントしていくと言う事です。

私が昨年1年間で16kg減量できたのは、ダイエットサプリメントでもダイエットドリンクでもありません。

その前までは、絶食をしたり、フルーツドリンクだけで、過ごしたりと色んな商品を試した時期が有りました、確かに食べないで運動をすれば減量はします。

でも必ずやリバウンドもします。

大事なのは、減量が出来る身体を作ることです。

では、どうしたらいいでしょうか?

ダイエットして細くなりたいと言う事は、今は太っているということですね。

骨格が大きくて大きな人は良いですが、そうでない人は不健康です。

私も夏場には凄く汗かきで、1日に何度も着替えて体臭を気にしたものです、
こんな経験はありませんか原因は何でしょうか、食べすぎ・運動不足・不規則な生活・ストレス等々自分に当てはめてみてください。

まずは、原因を突き止めましょう。

次に、あなたの身体は新陳代謝が落ちていませんか、ダイエットをしようとするのであれば、まず、血液検査を受けてあなたの身体の状態を把握してください。

善玉、悪玉コレステロール値・中性脂肪・血糖値など正常な血液の流れが確認されてからはじめましょう。

要は、痩せられる身体つくりをしてからでないと、一時的なの減量が出来てもリバンドは必至です。

この事は、私の実体験から申し上げています。

人の身体は、年と共に機能が衰えていきます、だからこそ健康食品や機能食品が良く売れているのです。

1日TVの前でコマーシャルを見ててください、どれだけの健康関連のコマーシャルが流れていますかコマーシャルやタレントの話や雑誌やパンフの広告に乗せられて楽して簡単に痩せようなんて虫が良すぎます。

先日、海兵隊の運動を取り入れた減量プログラムの販売があり、凄く売れたようですが、今でも続けている方が何人いらっしゃるでしょうか?

無理はダメ・日常の生活習慣の中からダイエットを始めなければいけません。

これが基本。

いい加減に気づいて無駄なお金を使うのは止めましょう。

只、イベントや彼との久しぶりのデートにどうしても短期で痩せたい方は、今回だけサプリメントに頼っても仕方ありませんが、その後は、痩せる身体つくりから始めていきましょう。

私のダイエット体験を詳しくレポートにして近々数回に分けて掲載します、楽しみにしててください。

「textm01_18_c2.gif」をダウンロード

1月18日の誕生花はグズマニア

花言葉は完璧

花は美しい種類で、熱帯アメリカ原産です。パイナップルの仲間ですが、実はなりません。

        美容と健康と癒し・ビジネス関連の最新情報サイト
             
             嵯 峨 野 倶 楽 部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーライスでダイエット

カレーライスは日本では、1人平均年間50食も食べているらしい、でも市販のカレー用のルーには約70%が動物性の脂肪で出来ています。

このルーを使ってカレーを作り食べると、それだけで約20gの脂肪を摂取する事になります。
脂肪の1日の適当量の半分以上になります。

しかも塩分は約5gで1日の適当量の3分の2を摂取する事になります。

これは、ダイエットにとって大敵です。

(1)カレーはルーを使わずにカレー粉を使う。

(2)香辛料に痩せる事に有効なものを使う。

脂肪太りの方は「カルダモン」水太りの方は「フェンネル」便秘太りの方は「ナツメグ」等が効果的です、どれもスーパーで数百円で売っています。

勿論、具には野菜をたっぷりと入れてください、特にお進めは「赤ピーマン」です。

赤ピーマンには、「カプサイシン」が多く含まれていてノルアドレナリンを刺激して、脂肪を燃焼させる熱エネルギーになります。特に身体の深部の体温を上げますので、身体がポカポカして、ダイエット効果が高まります。

ピーマンはカプサイシンの他にカロテンやビタミンC・クロロフィルまで沢山の栄養素が含まれています。

カロテンは視力に、ビタミンCはシミ・ソバカスの予防に、クロロフィルには抗酸化効果もあります。

ピーマンは油と一緒に調理するとカロテンの吸収力がアップしますので、カレーに焼きピーマンを添えるとより効果的です。

Textm01_17_c2

1月17日の誕生花はスイカズラ

花言葉は:愛の絆

別名をキンギンカというのは初め白色の花がだんだんと黄色くなるので金色と銀色の花が混じって咲くように見えることに由来しています。

                       嵯峨野ショッピング倶楽部

| | コメント (0) | トラックバック (0)